射出成形とは|プラスチック製品金型の製作なら射出成形ラボ

射出成形とは|プラスチック製品金型の製作なら射出成形ラボ

TEL.03-3631-6034
お電話受付10:00〜18:00
お問い合わせはこちら

ここでは、プラスチックを材料とした製品の設計・開発・生産技術関係者向けに
射出成形のメリットについてご紹介いたします。

射出成形とは

180501_855

プラスチック成形には以下のように複数の工法があります。
圧縮成形、ブロー成形、インフレーション成形、エンゲル成形法、押出成形、真空成形、発泡成形……
これら数多くのプラスチック成形の工法の一つとして「射出成形」があります。
射出成形の工法はシンプルで、金型内に加熱溶融させたプラスチックを高圧で金型内に射出して成形する工法になります。

射出成形のメリット

射出成形は、金型内に可塑化溶融したプラスチックを高圧かつ高速で金型内に射出することで複雑な形状のプラスチック製品を精密かつ大量に生産できます。
また、金型を交換することで様々な部品を作り出すことができ、射出成形では複雑な形状を含めて多様な形の部品を、連続して素早く大量に製造することができます。
そのため、日用品をはじめとして幅広い分野の製品で利用されています。

上記の射出成形のメリットですが、例えば以下が挙げられます。

・高品質

形状や条件にもよりますが不良発生率が他の工法と比較して一般的に少ないと言われています。

 

・後加工が少ない

成形後のゲート部をカット処理を行うだけで完成の場合が多いです。

 

・複雑で多彩な形状にも対応可能

金型の制約が少なく、比較的にどのような複雑形状でも対応できます。

 

・小型から大型まで幅広く対応可能

ツマミ・スイッチのような小型部品から、車のスポイラーなどの大型部品まで幅広く対応できます。

 

・ロット生産から大量生産まで幅広く対応可能

比較的生産量の制約がありません。

このように、数多くのメリットと対応範囲の広さから、プラスチック成形の中で最もメジャーな工法になっています。
また、人手不足の時代において、無人化・省人化・自動化の重要性が増している中で、
射出成形は無人化・自動化をすることが比較的楽であることも、大きなメリットになります。
人手不足の時代において、コスト面や品質面で優位に立つためには人の介在を減らすことが重要な観点となるため、
無人化・省人化・自動化を意識して、射出成形を選択する企業も多くなっています。

当サイト、射出成形ラボは、「射出成形」の他に、中空製品の製造に向いた「ブロー成形」の2つを手掛けるサプライヤーである関東製作所が運営しております。

当社は、射出成形金型の設計・製作を核として、御社の開発・設計段階からのご提案はもちろん、ブロー成形・射出成形の生産技術代行サービスを、国内複数拠点・インドネシアから提供しております。

ご不明点・お見積りの依頼等がございましたら、お気軽にお問合せ欄からご相談ください。