バリ |射出成形ラボ|

バリ |射出成形ラボ|

TEL.03-3631-6034
お電話受付10:00〜18:00
お問い合わせはこちら

バリ

バリとは、金型の合わせ面の隙間や、突き出しピンなどの隙間に樹脂が溢れる現象です。
成形品の形状からプラスチックがはみ出した状態になります。

主な原因

・射出圧に対し、金型の締め付け圧が弱い
・合わせ面の精度不良
・樹脂の流動性が高すぎる
・金型に隙間が空いている場合
・樹脂量と型締め力を考えず、射出圧を上げすぎている場合
・金型温度が高すぎる場合
・樹脂温度が高すぎる場合
・投影面積と成形機の型締め力の関係が合っていない場合
・成形機のダイプレートが傾ている場合
などの原因が挙げられます。

主な対策

・型締め圧を高くする
・金型の合わせ面の調整
・入子ないし溶接にて修正し、隙間をなくす
・投影面積に保圧を掛け、型締め力との関係を確認をして調整をする
・金型温度は温調器の設定より高くなる場合が多く、実温度の測定を行い制御する必要がある
・ゲート設定が悪いのに、樹脂を入れたいがために樹脂温度を高くし流れ性をよくすると当然PLに樹脂が入りやすくなる。適正な温度での成形を行い、ゲート調整を行い改善させる
・投影面積と保圧の関係性を必ず計算し、適正な成形機の設定となっているのか判断を行う。間違っていれば成形機の変更が必要
・合わせを行って、量産機で成形してもバリが発生する場合に成形機のタイバーが傾ている場合があるので、成形機での光明丹で合わせ確認を行い、バリ部が当たっているか確認を行う必要がある
などの対策が有効です。