ショートショット |射出成形ラボ|

ショートショット |射出成形ラボ|

TEL.03-3631-6034
お電話受付10:00〜18:00
お問い合わせはこちら

ショートショット

ショートショットとは、キャビティ(※)内に樹脂が充填できない状態のことです。金型の末端までプラスチックが届かないため、欠けた状態の成形品になります。
※金型で成形品が成形される隙間

主な原因

主に、プラスチックの射出量の不足、あるいは樹脂の流動性の不足によって、金型細部に充填される前に固化してしまうことが原因になります。

主な対策

プラスチックの射出量を増やす、射出圧力・速度や樹脂温度を上げることが有効になります。
上記で改善しない場合は、ランナーやゲートなどの通路を大きくする、あるいは薄肉部の少ない形状に見直す、流動性の良い樹脂に変更することが有効になります。