ショートショット |射出成形ラボ|

ショートショット |射出成形ラボ|

TEL.03-3631-6034
お電話受付10:00〜18:00
お問い合わせはこちら

ショートショット

ショートショットとは、キャビティ(※)内に樹脂が充填できない状態のことです。金型の末端までプラスチックが届かないため、欠けた状態の成形品になります。
※金型で成形品が成形される隙間

主な原因

1つ目の原因は、溶けた樹脂が流れる途中で、流動先端部分が冷却固化するために発生するものです。 
2つ目の原因は、流れる過程で、流れの状況によって空気溜まりが樹脂の先端に生ずるために発生するものです。
主に、プラスチックの射出量の不足、あるいは樹脂の流動性の不足によって、金型細部に充填される前に固化してしまうことが原因になります。

主な対策

成形条件の変更による対策として、下記が挙げられます。
・樹脂温度を高めに設定する。
・金型温度を高めに設定する。
・1次の圧力を高めに設定する。
・1次の射出スピードを高めに設定する。
・計量位置を変更する。
・射出時間を長くする。
・保圧時間を長くする。
・計量位置の手前からスピードを落としてみる。
・成形機を変えてみる。
・型締め力を下げてみる。

金型での対策としては、下記が挙げられます。
・ゲートサイズを拡げる。
・ゲート位置を増やす。
・ランナーサイズを拡げる。
・スプルを大きくする。
・ゲート位置を変更する。

成形品の設計段階での対策としては、下記が挙げられます。
・板厚を増やす。
・樹脂の流れやすい経路を増やす。